クラシカロイド 第2シリーズ 8話

クラシカロイド 第2シリーズ 8話 『ウソつきはモツのはじまり』

クラシカロイド 第2シリーズ 一覧へ

ウソばかりつくモツに、音羽館の住人たちは“モーツァルトをぎゃふん!と言わせる会”を発足する。モツの暴走を止めるため「クラシカロイドはウソをつくとカバになる」と伝えるが、全く信じる様子のないモーツァルト。しかし翌朝目覚めると、ベトが本当にカバになっていた。カバになりたくないモツは、ウソを本当に変えるため、館を飛び出していく。そして、ある少女と一緒に帰宅し「僕たち結婚します!」と宣言するが…。