十二大戦 8話

十二大戦 8話 『竜頭蛇尾(後攻)』

十二大戦 一覧へ

辰の戦士・断罪(たつみ)兄弟・兄は、傲岸不遜な態度を演じる一方、沈着冷静さも兼ね備え、弟とのコンビネーションの中では指揮役を担う戦士。遥か上空から監視する「天の抑留」というスキルで、動く死体(ウォーキングデッド)になり果てた弟を見下ろしていた。 戦いに介入するチャンスを窺っていた断罪兄弟・兄は、かつて兄弟が戦場において戦士としてあるまじき行為をしたとして行われた弾劾裁判のことを思い出す。