鬼灯の冷徹 第弐期 4話

鬼灯の冷徹 第弐期 4話 『芥子ちゃん伝説/蕪式百鬼夜行』

鬼灯の冷徹 第弐期 一覧へ

芥子ちゃん伝説
衆合地獄の花割烹狐御前の店先で、今日もだらりと寝そべり煙管をふかす檎。 そこに貸した金を回収がてら特ダネを探す小判が声をかける。「金返せ」。 しかし、だらけきった檎は木の葉を小判に変えるのも面倒くさいと、ただの木の葉を渡して手を打てと言う。 呆れた小判が、金返せないならネタ寄こせと凄むと檎は、『かちかち山』の兎、つまり如飛虫堕処の獄卒・芥子の過去を小判に耳打ちするのだった。

蕪式百鬼夜行
うさぎ漢方極楽満月で働く桃太郎。 用事を済ませ戻って来ると、店先に何やら置いてある。 それは、カボチャで作った提灯。つまり、ジャック・オ・ランタン。 現世はハロウィンシーズンの真っただ中なのだ。 女の子はハロウィンが好きだし、当日はコスプレした女の子がたくさん来るとほくほく顔の白澤に、桃太郎は渋い顔。 桃源郷なんだよここはと苦々しく言うものの、素直に楽しもうと白澤が言いだし……