妖怪アパートの幽雅な日常 17話

妖怪アパートの幽雅な日常 17話 『地獄への道は善意で舗装されている』

妖怪アパートの幽雅な日常 一覧へ

青木先生から、両親を失って苦労している“はず”だと言われた夕士。善意からかけられる優しい言葉だが、そう思っていない夕士は、一面だけを見て決めつけ、押し付けられる「善意」に苛立つ。厳しくする事も、何もしない事も、時には優しさではないのか? 一色さんの言葉はそのキーワードのようで……。