大正ちっちゃいさん 2話

大正ちっちゃいさん 2話 『帝都の死霊』

大正ちっちゃいさん 一覧へ

帝都でも噂に名高いおせんべいを頬張り、幸せを噛みしめていた京一郎。だがその耳に、死霊の雄叫びが届く。駆けつけるとそこでは五本刀頭領時雨と、特殊遊軍部隊の館林開らが刃を交えているのだった――。