のだめカンタービレ

のだめカンタービレ
『のだめカンタービレ』 (Nodame Cantabile) は、二ノ宮知子による日本の漫画作品。

ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音楽大学生・千秋真一は、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授の教育方針に反発し口論の末に決別、別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。 ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる変人女がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。第一印象は最悪(お風呂は2日おき、シャンプーは5日おきなど)極まり無かったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。のだめもこの時以来、千秋の見た目の良さと音楽の才能に憧れて千秋に纏わり付くようになる。この出会い以来、千秋はのだめの才能を引き出すべく、何だかんだと彼女に関わるようになる。 (Wikiより抜粋)
  1. ※サブタイトルなし
  2. ※サブタイトルなし
  3. 打楽器の女王
  4. 巨匠ミルヒ登場
  5. 千秋Sオケ指揮
  6. 脱退
  7. カズオな千秋
  8. ミルヒー送還
  9. 音楽祭
  10. 魅せるという事
  11. ピアノ
  12. 進路
  13. 卒業
  14. 過去
  15. 変化
  16. 始動
  17. 無駄
  18. 覚醒
  19. 飛翔
  20. 世界
  21. 異変
  22. 最後
  23. 未来