ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 10話

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 10話 『缶コーヒー1本分の距離。/寒い日、あなたの香り。』

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 一覧へ

■関連商品

いつも仕事をサボって女性と遊んでばかりのアスタロトと、そんな彼を今日も迎えに行くサルガタナス。万魔殿への帰り道、二人は通りがかった公園で一息入れることに。アスタロトの言動に呆れながらも、サルガタナスは自身の彼への気持ちと向き合おうとするが……。