ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 5話

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 5話 『ちょっぴりビター、ビブリオマニア。/進め、ブラウニーとともに。』

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 一覧へ

■関連商品

ある日、アザゼルとともに万魔殿の図書館を訪れたミュリンは、そこで常に眠そうで活字中毒な図書館長・ダンタリオンと、常に大声で話すマイペースな古参悪魔・モレクと出会う。2人は先輩と後輩の間柄だというが、そのやりとりは独特で……。