はたらく細胞 6話

はたらく細胞 6話 『赤芽球と骨髄球』

はたらく細胞 一覧へ

■関連商品

いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。 赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。 ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。