アンゴルモア 元寇合戦記 1話

アンゴルモア 元寇合戦記 1話 『率土の最果て』

アンゴルモア 元寇合戦記 一覧へ

■関連商品

時は文永11年(1274年)。鎌倉武士・朽井迅三郎はある事件により、罪人として対馬へ流刑となる。 島で歓待を受けたのも束の間、島を治める地頭代の娘・輝日は、迅三郎ら流人たちに、蒙古の大軍勢が対馬へ迫っていることを伝え、死罪となる代わりに捨て石となって戦えと命じる。 座して死罪となるか、蒙古と戦うか。迅三郎は、元海賊の鬼剛丸、筥崎長者と謳われた張明福ら流人たち共に、 蒙古軍との戦いへ身を投じることになる。