鬼灯の冷徹 第弐期その弐 13話(26話)(最終話)

鬼灯の冷徹 第弐期その弐 13話(26話) 『ポーカーなら無敵/逝き先は地獄の方で宜しかったでしょうか』

鬼灯の冷徹 第弐期その弐 一覧へ

■関連商品

鬼灯による「マルキ・ド・サドとレーオポルト・ファン・ザッハ・マゾッホの生涯」の朗読が終わる。 座敷童子たちは静かに立ち上がり、完全な無表情のまま拍手し続ける。 おそらくスタンディングオベーションなのだろうが、シュールな光景に、物陰から様子をうかがっていた唐瓜は震え上がる。 接客業をするわけではないが、座敷童子は女の子。 こんな無表情のままでいいのだろうかと、唐瓜はふと心配になってしまう。