鬼灯の冷徹 第弐期その弐 10話(23話)

鬼灯の冷徹 第弐期その弐 10話(23話) 『こんぽんてきに/異種格闘技戦』

鬼灯の冷徹 第弐期その弐 一覧へ

■関連商品

こんぽんてきに
桃太郎や一寸法師が過去を克服したのを見てきた芥子は、自分の「○ヌキ」嫌いを克服せねばと思っていた。 芥子が目指すのは、狙いをコントロールし亡者のみを攻撃する精度。 頭では「タ○キ」の全てが悪い訳ではないと分かっていながら、「タヌ○」と聞けばすぐに爆発してしまう今の自分は足軽の精度の良くない乱れ打ち。 精神修行してさらに強くなりたい。 そう打ち明けられた鬼灯は、修行といえば、というある場所を思い出す。