Butlers~千年百年物語~ 8話

Butlers~千年百年物語~ 8話 『白鳥蓮の憂鬱な一日』

Butlers~千年百年物語~ 一覧へ

■関連商品

Butlers~千年百年物語~ 第1巻

蛍、蓮、そしてドラキュラの体に血族の印が現れ、特別な能力を持つ一族の末裔であることが判明した。 すでに忘却の能力を発動していた蛍はその事実を素直に受け入れ、ドラキュラは半信半疑ながらもどこか納得しているようであった。 しかし、蓮だけは偶然か誰かのイタズラだと言い切り、頑なにジェイの話を信じようとはしなかった。 そんな中、蛍に続き、ハルト、ドラキュラもバトラーとしての能力に目覚める。 「そんなことを信じるなんて小二年以下です」とドラキュラの自慢話を切り捨てる蓮だったが、自身も能力に目覚め、まさかのとんでもない状況に陥ることに……。