バジリスク ~桜花忍法帖~ 20話

バジリスク ~桜花忍法帖~ 20話 『蓮華、倶に見るべし』

バジリスク ~桜花忍法帖~ 一覧へ

■関連商品

自らを“朧”だと信じ込んでいる響は、八郎を“弦之介”だと認識、愛憎を持って迫りゆく。一方、叢雲へ侵入した現達だが、罠によって式部の身動きが取れなくなってしまう。なんとか式部を救おうとする蓮だが――