Caligula -カリギュラ- 7話

Caligula -カリギュラ- 7話 『絶望的な状況である時こそ、笑顔をたたえることが必要だ。』

Caligula -カリギュラ- 一覧へ

■関連商品

戦闘から一か月。μは姿をくらまし、楽士も目立った動きを見せていない。 そんな中、音楽準備室改め、帰宅部部室では部員たちが鍋を囲んでいた。 買い出しに出ていた律だったが、突如周りから人が消え、街は不思議な空間に変容する。 そこにμが現れて――