蒼天の拳 REGENESIS 5話

蒼天の拳 REGENESIS 5話 『餓狼の怨念』

蒼天の拳 REGENESIS 一覧へ

■関連商品

BD 蒼天の拳 REGENESIS 第1巻 初回限定生産版

上海租界では、中国政府軍によって爆弾が撃ち込まれ、遂に戦争が勃発。潘の屋敷も爆撃の標的となった。爆撃を避けた聖堂で、拳志郎はエリカから、昨晩から飛燕が戻っていないことを聞く。 「月氏の神は北斗を許さない!」 飛燕の前に現れた西斗月拳の使い手ヤサカは、西斗が舐めた二千年分の無念を晴らすべく、捕らえた飛燕を自ら解放し対決に臨む。 激闘の末、飛燕が目にしたのは、ヤサカの繰り出す西斗月拳の秘奥義だった――。 「き、貴様あああっ!」飛燕の声が廃墟にこだまする。