蒼天の拳 REGENESIS 4話

蒼天の拳 REGENESIS 4話 『北斗神拳の源流』

蒼天の拳 REGENESIS 一覧へ

■関連商品

BD 蒼天の拳 REGENESIS 第1巻 初回限定生産版

丘の上の教会で牧師となり、エリカと生きていくことになった飛燕。上海租界では政府軍が慌ただしく行き来し、戦争の不穏な気配が色濃く漂い始めていた。拳志郎は葉子英とともに、ギーズを手にかけた男を探しに、上海の表通りに繰り出していた。やがて路地にたどり着いた拳志郎は、シルクロードの匂いを嗅ぎ取る。 政府が西斗月拳を使う拳法家を雇ったとの知らせを聞いた拳志郎。かつて、旅したシルクロードで目にした白狼を思い出し、西斗と北斗の血塗られた宿命をゆっくりと語り出すのだった。