一人之下 羅天大醮篇 12話

一人之下 羅天大醮篇 12話 『宿敵』

一人之下 羅天大醮篇 一覧へ

楚嵐は真相を追求し続けることを決意した。王也は彼の選択を尊重し、試合を放棄。こうして、二人の試合には勝負がついた。 次の風沙燕と宝宝の試合で、風沙燕の棄権により、宝宝の準決勝への進出が決まった。 そして、風星潼と十老の一人である王藹のひ孫―王並の試合では、2人とも「拘霊遣将」を使っていた。 風家の人間しか知らないはずの八つの秘技の一つである「拘霊遣将」をなぜ王並が…。