BEATLESS -ビートレス- 10話

BEATLESS -ビートレス- 10話 『Dwellings and surroundings』

BEATLESS -ビートレス- 一覧へ

メトーデとレイシアの激突によって引き起こされた破壊の代償として、アラトは二週間の停学を言い渡され、さらに450万円もの負債も背負ってしまった。負債の半額近くを出してくれる父のコウゾウに詫びるため、アラトはレイシア、ユカ、リョウを伴って、hIEの大規模実験が行われている、つくば次世代型環境実験都市へと向かう。