一人之下 羅天大醮篇 10話

一人之下 羅天大醮篇 10話 『風后奇門』

一人之下 羅天大醮篇 一覧へ

たとえ惨敗になる結末が自分を待っていると分かっても、真実だけはどうしても知りたい諸葛青は「奇門顕像心法」で王也の技を見破ろうとした。 次に始まる風沙燕と賈正亮の試合だが、二人とも宝宝と対戦するために勝ち進みたい一心。 一方、観客席で観戦している楚嵐の携帯に謎のメッセージが届いた……。