覇穹 封神演義 8話

覇穹 封神演義 8話 『十絶陣の戦い』

覇穹 封神演義 一覧へ

バリアを解除するため、金鰲島に潜入した楊戩。 十天君の一人、張天君の空間宝貝「紅砂陣」に手こずりながらも、 禍々しいオーラと共に”ある変化”をし始めるーー。 一方、崑崙山内で、楊戩によるバリア解除を信じて待つ太公望たち。 しかし、金鰲島の『通天砲』発射時刻まで4分を切り、崑崙山側には焦りが見え始めていた。バリア解除と共に崑崙山ごと通天砲にぶつける作戦は、果たして間に合うのか!?