一人之下 羅天大醮篇 4話

一人之下 羅天大醮篇 4話 『三十二人』

一人之下 羅天大醮篇 一覧へ

選抜大会の一次予選が終わり、32名の異人が勝ち残った。 その晩、楚嵐は皆の尊敬を集める老天師の弟子・張霊玉(ちょうれいぎょく)が、自分にだけ辛く当たる理由を弟子たちから聞いてショックを受ける。 一方、馮宝宝と対戦した王二犬(おうにけん)は、宝宝の普通の人間とは異なったある特徴に気付く――。