銀魂 銀ノ魂篇 4話(345話)

銀魂 銀ノ魂篇 4話(345話) 『しぶといとしつこいは紙一重』

銀魂 銀ノ魂篇 一覧へ

姿を現した虚に、剣を向ける銀時。しかしその前に、奈落三羽の一人、柩が立ちはだかる。柩と戦う銀時たちの上空に現れたアルタナ解放軍の艦隊は、一斉掃射をしかけ周囲は火の海と化した。 江戸城では、亡き徳川茂茂の妹・そよ姫が、逃げろという服部全蔵の忠告を聞かず、一人で城を預かる覚悟を決める。 すべてを焼き払えとの圓翔の命令で、おびただしい数の戦艦が江戸の上空を埋め尽くす。 艦隊が江戸城に迫り、逃げる万事屋も四方を囲まれる。その絶体絶命のピンチに――!

『銀魂 銀ノ魂篇 4話(345話)』へのコメント

  1. 名前:吉田七海 投稿日:2018/01/29(月) 18:29:57 ID:65517e7f4 返信

    銀魂見たい!
    大好き!