恋は雨上がりのように 3話

恋は雨上がりのように 3話 『雨雫(あめしずく)』

恋は雨上がりのように 一覧へ

近藤に想いを告げたあきら。しかし近藤はそれを告白だとは受け止めていない。陸上部の後輩たち、親友のはるかともうまく関われず、胸にモヤモヤを抱えたままのあきらは再び想いを伝える。「あなたのことが好きです」ただただまっすぐに自分に向けられる17歳の眼差しに、ついに近藤が口を開く―