ダーリン・イン・ザ・フランキス 1話

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1話 『独りとヒトリ』

ダーリン・イン・ザ・フランキス 一覧へ

遠い未来。 人類は荒廃した大地に、移動要塞都市“プランテーション”を建設し文明を謳歌していた。 そんなプランテーションのひとつ、「セラスス」では、パラサイトたちの入隊式を翌日に控えていた。 パラサイト候補の一人であるコード016「ヒロ」は、事前のテストで落第を言い渡され、失意の中にいた。 入隊式の説明会にも出ず森に入ったヒロは、奥にある泉で、見知らぬ少女が泳いでいるのを目撃する。 コード002「ゼロツー」と名乗ったその少女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。