バジリスク ~桜花忍法帖~ 1話

バジリスク ~桜花忍法帖~ 1話 『桜花、咲きにけり』

バジリスク ~桜花忍法帖~ 一覧へ

時は寛永、太平の世。“慈尊院村”で腕を磨く忍び達の中に交じる、異彩を放つ少年と少女。甲賀八郎、伊賀響――実の兄妹にして契りを結ぶことを宿命づけられた若き棟梁達――響はその事実を受け入れているようだが、八郎は…。

『バジリスク ~桜花忍法帖~ 1話』へのコメント

  1. 名前:ブラフマ 投稿日:2018/01/09(火) 13:16:18 ID:4f4ec97bd 返信

    これは△

  2. 名前:匿名さん 投稿日:2018/01/10(水) 10:04:49 ID:069b33d8a 返信

    何でもかんでも続編作り過ぎ大体甲賀忍法帖の時点で忍びの血は耐えたんとちゃうんかい?誰やねんこの弦之介と豹馬掛け合わせた様な餓鬼と朧そっくりの餓鬼は