妖怪アパートの幽雅な日常 26話(最終話)

妖怪アパートの幽雅な日常 26話 『妖怪アパートの幽雅な日常』

妖怪アパートの幽雅な日常 一覧へ

大晦日が近づき、年越しの準備を始める妖怪アパート。門松を飾り、餅をつき、鍋を囲んで準備をする夕士。さらには大家さんが地下の空間に大雪原に繋げてくれて、そこは無数のかまくらが並んでいた! それは「時のかまくら」。大晦日の間だけ現れ、過去や未来を見せてくれる不思議なかまくらだった。