ブラッククローバー 11話

ブラッククローバー 11話 『とある日の城下町での出来事』

ブラッククローバー 一覧へ

ソッシ村の人々を守って戦ったアスタたちに、魔法帝から、名誉の証である“星”がひとつ授与された。さらに新人のアスタとノエルは、騎士団員として初めての給料も手にし、うれしさでいっぱい。そんなアスタとノエルが、先輩のバネッサ・エノテーカに誘われ、城下町にショッピングに出かけることになった。人々でにぎわう街で必要な買い物を済ませたバネッサが、次にふたりを案内したのは、危険もあるが珍しいものが多い“闇市(ブラックマーケット)”。アスタはそこで、“翠緑の蟷螂団(すいりょく の とうろうだん)”に入ったセッケと再会する。

『ブラッククローバー 11話』へのコメント

  1. 名前:匿名さん 投稿日:2017/12/24(日) 11:14:31 ID:89cf82e25 返信

    爆死したふざけんな