ほしのこえ -The voices of a distant star-

ほしのこえ The voices of a distant star
『ほしのこえ』は、新海誠が制作し2002年に公開されたアニメーション映画、およびそれを原作としてメディアミックス的展開がなされた小説などの作品群のことをいう。

2039年、人類の調査隊は火星のタルシス台地で異文明の遺跡を発見したが、突然現れた異生命体によって全滅させられてしまう。その異生命体はタルシアンと名づけられ、その脅威に対抗すべく国連宇宙軍が組織された。

2046年、中学三年生の長峰美加子は、国連宇宙軍のロボットのパイロットの選抜メンバーとなり、翌年にはタルシアンの追跡調査のため編成されたリシテア艦隊の一員として、同艦隊旗艦〔リシテア〕に乗艦、地球を発つ。ほのかな恋心を抱く友人 寺尾昇を残して。
調査艦隊がタルシアンの痕跡を追って、地球から離れてゆくにつれ、ミカコとノボルの距離も光年単位で離れ、二人の携帯電話メールのやりとりにかかる時間も次第に長くなってしまう。
ついにはミカコは地球から8.7光年の距離に位置する惑星アガルタに降り立つ。そこでミカコは、地球に届くのに8年もかかるメールを ノボルに送信する。 (wikiより)
公式サイト
新海誠作品一覧

ほしのこえ 出演声優
長峰 美加子(ながみね みかこ)/篠原美香(オリジナル版) / 武藤寿美(声優版)
寺尾 昇(てらお のぼる)/新海誠(オリジナル版) / 鈴木千尋(声優版)