ONE OUTS ワンナウツ

ONE OUTS ワンナウツ
1998年12月、プロ野球団リカオンズの主砲・児島弘道は、トレーナーの木野崎、若手投手の中根と共に、沖縄県で自主トレに励んでいた。ある日、中根が突き指して児島のバッティングピッチャーを務められなくなり、木野崎は代わりとなるピッチャーを探して、中根と二人で沖縄を歩き回る。そこで彼らは賭野球「ワンナウト」で無敗を誇る天才勝負師・渡久地東亜と出会う。

中根は4万ドル(500万円)を賭けて東亜と勝負し、惨敗。それを知った児島は、ワンナウトが野球を侮辱していると憤慨し、40万ドルを賭けて東亜と勝負するも、敗北。その勝負で自らの弱さを見出した児島は、山にこもって修行に励み、今度は自分の選手生命と東亜の右腕を賭けて、再度ワンナウトに挑戦する。結果、捨て身で勝利をもぎ取った児島は、東亜にリカオンズ優勝への光明を見出し、1999年のプロ野球の世界へと導く。

そしてこの東亜の入団が、万年Bクラスの弱小球団リカオンズの運命を大きく変える事になる。 (Wikiより抜粋)
  1. 謎の男
  2. 勝負師
  3. ワンナウツ契約
  4. ナインの資格
  5. 希望
  6. 低回転ストレート
  7. Trick&Trap
  8. 反則合戦
  9. 決着
  10. 知将VS勝負師
  11. 世界最速の男
  12. 必殺投法
  13. 封印された足
  14. 9人内野
  15. 1人内野
  16. トリックスタジアム
  17. インチキナックル
  18. 盗まれたサイン
  19. ヤミ信号
  20. 翻弄
  21. 漏洩
  22. 盗聴
  23. 攻略
  24. 陰謀
  25. 勝利の先に…